アパート

マンション投資で不労所得~投資活用で副収入を得る~

住宅の駐車の場所

駐車場

見た目と実用性

自宅の敷地に駐車場を新たに造る場合、土間コンクリート工事を行い設置したり、芝生を張って造るもの、砂利を敷いて造るものなどいくつかの方法で駐車場を形成することができます。最も安価で簡単に工事できるものは砂利敷きの駐車場です。やろうと思えば自分自身で行うことが可能です。しかし、新築で住宅を建てたお宅などの場合は、見た目のことなどもあり「土間コンクリート駐車場」を工事で設置している場合が非常に多いです。やはり砂利敷きのものと比べて、土間コンクリートのものの方が見た目のよさや耐久性の面などで優れているため、新築のお宅などでは多数のお宅が土間コンクリート駐車場を設置していることが多いです。

施工の内容

駐車場を工事してもらうには外構業者や建設業者などに頼み工事を行ってもらいますが、選ぶ業者によって施工の内容や料金などが異なるため、しっかりと施工内容の説明や料金などを事前に聞いて、複数の業者の中から選ぶとよいでしょう。特に土間コンクリート駐車場を設置しようとお考えの方は、土間コンクリートの厚さや砕石敷きの厚さなど、設置した後の耐久性に大きく影響するものの説明はしっかりと聞いておくとよいでしょう。土台となる砕石敷きの厚さは最低でも20センチメートル程度は必要となり、コンクリートの厚さは15〜20センチメートルは必要となるでしょう。この厚みよりも極端に薄い厚さで工事を行われた場合、施工後すぐに不具合が出るということはあまりないですが、ある程度時間が経つと地盤が沈んできたりコンクリートの割れ,ヒビなどの症状が現れやすくなってしまいます。ですので事前に説明をよく聞いて、施工内容が十分な業者を選んで依頼をするとよいでしょう。

Copyright© 2015 マンション投資で不労所得~投資活用で副収入を得る~All Rights Reserved.